烏兎さんの茶粥のもと

お試し茶粥画像

※こちらの記事は、旧サイトに掲載していたものに加筆修正を加えたものです
こんにちは、烏兎のマスターです。
本日は当店のオリジナルシリーズ「茶粥のもと」についてお伝えさせていただきます。
茶粥にはあまり馴染みのない方もおられると思いますので、そもそも茶粥って何?というところからお話させていただきます。
よかったら最後までお読みください。

さっそくですが、そもそも茶粥って何?

茶粥とはお茶で作ったお粥のことですが、関東近郊にお住まいの方は、あまり茶粥を食べる習慣はないのではないでしょうか?

烏兎さんは浜松出身の祖母のもと「ご飯+お茶」といえば〝お茶漬け〟で、茶粥文化を知らずに育っています。
(浜松でも茶粥を召し上がることはあるかもしれませんが、うちでは食べなかったんですよ~)

茶粥イラスト

何人かの知人にも聞いてみたのですが、「あることは知っているけど、食べたことがない」という答えがほとどんでした。

というわけでまずは茶粥についてお伝えしたいと思います。

茶粥を食べる地域

茶粥といえば奈良が「大和の茶粥」と呼ばれていて有名です。

そのため、茶粥は奈良が発祥という説が有力1です。

奈良の名物イラスト

奈良を紹介するイラスト。茶粥が描かれています

主に西日本の郷土料理として奈良のほか、県民の半分が茶粥が主食というのが和歌山県です。
この辺りの地方では親しみを込めて「おかいさん」と呼ばれています。

また、大阪や京都などでも食べられていて、山口県でも日常的に食べられているようです。

加賀棒茶で有名な石川県にも茶粥があるのですが、やはり茶処ではよく食べられているかもしれませんね。
(静岡もでしょうか?情報あれば教えてください)

ぐぐっと北上して東日本では、青森や宮城が茶粥を食べるようです。

そしてそんな茶粥、使う茶葉や作り方が各家庭によって異なり、まさにそれが「家の味」となっているのですね。

茶粥に芋や豆類、根菜や葉物野菜を加えて作るというおうちも多いそうですが、芋、ゴボウ、大根などの根菜類は食物繊維が多く、お通じの改善などにはうってつけですね。

サツマイモを加えた茶粥

↑こちらはサツマイモを加え、ルイボス茶で炊いた茶粥ですが、サツマイモの甘みとルイボス茶のさっぱり感はとても相性が良かったです。

茶粥の作り方は一般的に、先にお茶を煮出してからお米を入れて炊くそうですが、こちらも特に決まりはなく、途中で茶袋を入れる作り方や、最初から米と茶袋を一緒に入れて煮る作り方など、さまざまです。

ちなみに当店の茶粥のもとは「ポンポン」と鍋に材料を入れて火にかけておしまい!です。

もちろんじっくり手をかけて作ることも可能ですので、時間があるときは茶粥を生米から炊いて、野菜も加えてみるなどしてもよいかもしれませんね。
(それでも簡単にお作りいただけます)

生米から炊くと、お米にしっかりお茶の味が染みるのが楽しめます。

作り方は後でもう一度詳しくお伝えします。

茶粥のススメ

茶粥の良さはお粥の利点に、さらにお茶の作用も加わることですね。
ではまずはお粥の良さから伝えしたいと思います。

ところで、お粥にはどんなイメージがあるでしょうか?

白がゆ画像

お粥というと病気のときに食べることが多く、そのため、あまりよい印象がないという方もおられるのではないでしょうか?

知人の一人は「いつも病気のときに食べていたから、お粥というと美味しくないものというイメージしかない」と話していました。

そんな方にこそ茶粥を食べてもらいたいと思います。

きっと美味しさに驚かれると思います。

緑茶ベースの茶粥

緑茶ベースの茶粥

薬膳や中国料理でお粥を多く食べられていることからもわかるように、お粥は薬食同源の観点からも、体にとてもよい食べ物です。

どのように良いかというと、大昔からこんな言い伝えがあるくらいです。

粥有十利

お粥は病気のときに食べる以外に、お寺で修行僧が食べるものというイメージはありませんか?

白がゆとお味噌汁画像

曹洞宗を開いた道元禅師が残した文献『赴粥飯法』には、『粥有十利 (しゅうゆうじり)』というものが書かれています。

道元禅師はお粥には十の功徳(くどく)があると伝えています。

一、【色】体の血つやが良くなり
二、【力】気力を増し
三、【寿】長命となり
四、【楽】食べ過ぎとならず体が安楽になり
五、【詞清辯】言葉は清く爽やかになり
六、【宿食除】前に食べたものが残らず胸やけもせず
七、【風除】風邪を引かず
八、【飢消】消化よく栄養となって飢えを消し
九、【渇消】のどの渇きを止め
十、【大小便調適】便通も良い

幻冬舎plus 心が疲れたらお粥を食べなさい https://www.gentosha.jp/article/2661/

こちらを読むだけでお粥が食べたくなりますね。

また、薬膳の観点からお伝えすると、お通じのことで悩んでいる方にもお粥はお勧めで、お粥は水分をたくさん含んだ状態で、かつ粘りがあるので温かいまま胃腸を流れて行きます。

胃腸を冷やさないのでお通じが滞りがちな方にも、また、冷えによってお腹が緩くなりやすい方にもお勧めの食べものです。

もちろん、お腹を温めるので冷え症さんにもいいですね。

また、水分を多く含むので、ご高齢の方などの水分補給にも良いと思います。

普段でもお粥を食べる習慣は、ぜひ取り入れていただけたらと思います。
レッツ粥活!です

※ご注意
お粥をよく噛まずに飲み込んでしまうと消化吸収が悪くなることがあります。
お粥は必ずよく噛んで食べるようにしましょう。
目標一口30回です!

お粥もいいけど茶粥はさらに

お粥の良さが伝わったところで、さらに茶粥の良さをお伝えすると、これはやはり、お茶の良いところも一緒に摂取できるためですね。

お茶の良さは折に触れお伝えしていますが、消化を促進したり殺菌作用があったり、ガンの予防や体脂肪を下げるとか、抗酸化作用など利点がたくさんあります。2

また、漢方の観点からいえば、もちろんお茶にも五性があり、気を流したり体を冷やしたり温めたり、こちらはお茶の種類によってさまざまですが、多くのはたらきがあります。

そして美味しいお茶で作った茶粥は当たり前ですが美味しく、ぜひ一度食していただきたいと思います。

白粥も美味しいですが、淡泊な味は飽きやすく、食べ続けるのが苦痛になることもありますよね。
中華粥も美味しいですが、油や調味料を使いますし、作る手間がかかることも。

当店の茶粥は簡単に作れる上に、お粥のよさにお茶のよさ、さらにハーブのはたらきまで得られる嬉しいパックです。

さらにそのまま食べられるトッピングのクコの実とハトムギが好評で、飽きることなく最後まで食べることができます。

※当店の茶粥の感想をまとめてあります。よかったらこちらもご覧ください。

烏兎さんの茶粥のもと「お客さまの感想」ご紹介です

それでは次は、当店の茶粥について詳しくお伝えしてまいります。

烏兎さんの茶粥のもとについて

烏兎さんの茶粥のもとは、茶粥を作るためのお茶と東洋ハーブがセットになっています。

素材画像例

素材画像(例)さらにベースのお茶がプラスされます

「烏兎さんの茶粥のもと」には誕生秘話があり、最初にお客さまが、当店のブレンドで茶粥を作り、召し上がってくださったことがきっかけでした。

もともと当店のお茶は、苦さが大丈夫であれば、煮出して飲むというのはとてもよい飲み方になります。
茶粥となれば作る過程で自然にお茶を煮出すことにもなり、これは素晴らしいアイデアだと感動しました。

昔から漢方粥や薬膳粥というものはあるのですが、もっと簡単に、もっと気楽にハーブを使った茶粥を楽しめるようにと試作を繰り返し、最終的に当店が茶粥を作るきっかけをくださったお客さまにも試作品を試していただいたりして、協力を仰ぎながら完成させました。

お試し茶粥画像

こうして生まれた「烏兎さんの茶粥のもと」は、ですのでほかにはない、当店だけのオリジナル商品です。
もちろん天然素材だけの自然食品。
生みの親がお客さまということで、当店にとっては特に大切なお茶になっています。

こうした思い入れと、そして茶粥という食文化をぜひ広めたいという思いで誕生した「烏兎さんの茶粥のもと」、次はそんな茶粥のもとの特徴をお伝えさせていただきます。

お茶だけでなく、ハーブも

先ほどお伝えしたように、当店の茶粥のもとにはお茶のほかに、ハーブが入っています。

一食分の量

ほうじ茶ベースの福来楽茶粥のもと1食分。 ほうじ茶と8種類の素材が入っています

特に全シリーズでトッピングにお付けしているクコの実とハトムギはそのまま召し上がっていただくこともでき、食感がよいととても好評です。
(こちらは煮ても、最後に乗せてもどちらでも召し上がっていただけます)

緑茶の茶粥

緑茶ベースの茶粥です。クコの実とハトムギをトッピングしています

茶粥の種類によって使っているハーブが異なりますが、どれも気軽に美味しく召し上がっていただけるよう、クセや苦味を抑えて配合しています。
東洋ハーブはちょっと苦手という方でも、心配なく召し上がっていただけると思います。

また、当店の特徴として、ベースにお好きなお茶をお選びいただけます。
現在選べるお茶の種類は15種類です。3

ぜひお好きなお茶をお選びください。

茶粥のベース茶

オーダーメイドでベースのお茶が選べるのが当店の特徴ですが、もちろん「烏兎さんの茶粥のもと」でも同じようにお選びいただけます。

現在、当店がご用意しているベースのお茶は15種類。4

すべてのお茶をお選びいただけるようになっていますが、茶粥として食べやすいのはやはりほうじ茶や三年番茶、玄米茶かもしれません。
茶粥を食べる多くの地域でも、使うお茶は番茶、ほうじ茶が多いようです。

ですが茶粥に使うお茶にも決まりはなく、東北の方では弘法茶(サンペンズ、カワラケツメイという薬草です)、高知では碁石茶(発酵茶)を用いて茶粥を作るそうです。
はぶ茶やドクダミ茶で作る茶粥のレシピもありますよ。

当店でご用意しているお茶の中には、ジャスミン茶や和紅茶など、ちょっとお粥には合わないように感じる茶葉もありますが、実際に炊いてみると、どれも美味しく召し上がっていただけると思います。

ジャスミン茶粥

ジャスミン茶で炊いた茶粥。香りが良く軽い苦みがアクセントになっています

当店でお選びいただける茶粥用のお茶はこちらになります。

  • 緑茶
  • 玄米茶
  • ほうじ茶
  • 浅炒りほうじ茶
  • 和紅茶
  • 三年番茶
  • 麦茶
  • 黒豆茶(刻み)
  • 黒豆茶(丸)
  • ウーロン茶
  • 黒烏龍茶
  • プーアル茶
  • ジャスミン茶
  • ルイボス茶
  • ハニーブッシュティー

こちらの全種類からお好きなお茶をお選びいただけます。

茶粥で使うお茶にも決まりはありませんので、お好みのほか、ご自身の体質や目的に合わせたお茶をお選びになるとよいかもしれませんね。

次に、烏兎さんの茶粥の作り方をお伝えします。
本当に簡単ですので、ご覧になってみてください。

烏兎さんの茶粥の作り方

当店の茶粥のもとを使った作り方です。

以下の作り方は一例です。

先にお粥を作り後から茶袋を加える方法、お茶を先に煮出し、茶袋を取り出してからお米を煮る方法など、作り方はさまざまです。

こちらでは烏兎さんの煮るだけ簡単レシピをご案内しておりますので、お好みで作り方も変えてください。


まず、こちらが烏兎さんの茶粥のもと1袋です。
こんな感じの個包装になっています。

茶粥個包画像

茶袋にお茶とハーブが入っています。クコの実とハトムギは召し上がっていただけます

当店の茶粥のもとの特徴をお伝えします。
・生米からでも炊いてあるご飯(冷やご飯、冷凍ご飯)からでも作れます。
・クコの実とハトムギのトッピングは、できあがった茶粥にかけても、お米と一緒に煮てもどちらでも大丈夫です。
(お年を召した方やご病気のとき、固いものが噛みにくいときなどは、お米と一緒に柔らかく煮てお召し上がりください)
・お茶漬けでも召し上がれます。
・お茶としてもお飲みいただけます。

一番簡単!炊いてあるご飯から作るとき(入れ粥)

お鍋に水300mlほどと茶袋、ご飯お茶碗4分の1~半分ほどを入れ火にかけます。
沸騰したら弱火にして5~10分ほど煮ます。

茶袋を取り除いてお茶碗によそったら、トッピングをのせてお召し上がりください。

※トッピングは鍋で一緒に煮てもおいしく召し上がれます。

ちょっと本格派!生米から作るとき(炊き粥/揚げ粥)

お米大匙2~3杯を軽く洗います。

お鍋にお米と水400ml~500mlほどと茶袋を入れて火にかけます。

沸騰したら弱火にして10~15分ほど煮ます。

火を止めて(このとき、ご飯に少し芯が残っていても大丈夫です)蓋をし、そのまま10分ほど蒸らします。

茶袋を取り除いてお茶碗によそったら、トッピングをのせてお召し上がりください。

※トッピングは鍋で一緒に煮てもおいしく召し上がれます。

茶粥の作り方ワンポイント

煮るときに蓋をするとサラサラ粥に、蓋をしないで煮るとトロトロ粥になります。
(蓋をしないで煮る場合は水分の蒸発に注意して、適宜お水を加えながら煮てください。蓋をするときは蓋をずらすなどして、吹きこぼれにご注意ください)

お豆やお芋などを一緒に煮る時は最初に入れます。

ご飯の量、水の量はお好みで調整してください。

茶粥一杯分用のご飯を小分けにして冷凍しておくと便利ですね。

お茶漬けでも召し上がれます

急須やティーポットに茶袋を入れ、沸騰したお湯300mlを注いだら5分蒸らし、トッピングをのせたご飯にかけてお召し上がりください。

お茶漬け画像

茶粥のもとで作ったお茶漬けです

お茶として

急須やティーポット、マグカップに茶袋を入れ、沸騰したお湯300mlを注いだら5分蒸らし、トッピングを浮かべてお飲みください。

お茶画像

茶粥のもとで煎れたお茶です

トッピングはお茶に浮かべず、お茶請けとして召し上がるとちょっとしたおやつタイムになります。

いかがでしょう? 簡単ではないでしょうか?
実際にお作りになったお客さまの感想はこちらからご覧いただけます。
烏兎さんの茶粥のもと「お客さまの感想」ご紹介です

ご飯の量や水の量は目分量でも大丈夫です!(焦がさないようにご注意ください)
簡単にお作りいただけますのでぜひお試しください。

最後に当店の茶粥のもとラインナップをご紹介させていただきます。

お茶が選べる「烏兎さんの茶粥のもと」ラインナップ

お茶が選べる「烏兎さんの茶粥のもと」、現在5種類+お試しセットをご用意させていただきました。

お茶を味わう茶粥のもと

お茶を味わう茶粥ラベル

お茶を味わう茶粥は東洋ハーブを少なめにしてありますので、日常食として取り入れられます。シンプルな茶粥を楽しみたい方に。

クコの実とハトムギのトッピング素材入り。

原材料・・・ベースのお茶、ハトムギ、クコの実、ナツメ
内容量・・・7袋入/1袋入

7袋入 1,100円
1袋入 310円
※素材、分量、価格は予告なく変更する場合があります。

お好きなお茶をお選びいただけます(7袋入はすべて同じお茶になります)

浄々茶粥のもと

浄々茶粥ラベル

排出を促す素材を加えていますが、毎日食べてもらいたいものなので、あまり苦くならないようにブレンドしてあります。
朝食を置き換えて、また、遅い時間の夜ご飯に、そしておやつ代わりにもお勧めです。

クコの実とハトムギのトッピング素材入り。

原材料・・・ベースのお茶、ハトムギ、クコの実、ナツメ、焙じはぶ茶、グァバの葉
内容量・・・7袋入/1袋入

7袋入 1,300円
1袋入 340円
※素材、分量、価格は予告なく変更する場合があります。

お好きなお茶をお選びいただけます(7袋入はすべて同じお茶になります)

あったか茶粥のもと

あったか茶粥ラベル

温めるハーブでお作りしています。
ほんの少し柑橘の香りがしますが、クセがないようにブレンドしてあります。

クコの実とハトムギのトッピング素材入り。

原材料・・・ベースのお茶、ハトムギ、クコの実、ナツメ、ヨモギ、金柑、生姜
内容量・・・7袋入/1袋入

7袋入 1,400円
1袋入 350円
※素材、分量、価格は予告なく変更する場合があります。

お好きなお茶をお選びいただけます(7袋入はすべて同じお茶になります)。

和気茶粥のもと

和気茶粥ラベル

気を補うハーブでお作りしています。
ほんの少し柑橘の香りがしますが、クセがないようにブレンドしてあります。

クコの実とハトムギのトッピング素材入り。

原材料・・・ベースのお茶、ハトムギ、クコの実、ナツメ、ハスの種、金柑
内容量・・・7袋入/1袋入

7袋入 1,450円
1袋入 360円
※素材、分量、価格は予告なく変更する場合があります。

お好きなお茶をお選びいただけます(7袋入はすべて同じお茶になります)

福来楽茶粥のもと

福来楽茶粥ラベル画像

縁起の良い素材を集めて作った茶粥です。
クコの実とハトムギのトッピングに、黒豆も加わって見た目にも豪華です。

また、ご希望の方には煮込んで食べられる素材をすべて別にしたお作りも承ります。
(お申し込みの際に「煮込み用」とお申し付けください。クコの実、ハトムギ、黒豆、ユリの根、ナツメを別にしてお作りします。ただしこの場合、トッピングではなくすべて煮込んでいただくようになります)

原材料・・・ベースのお茶、クコの実、ハトムギ、ユリの根、ナツメ、黒豆、温州みかんの果皮、クマ笹、クロモジ
内容量・・・7袋入/1袋入

7袋入 1,500円
1袋入 370円
※素材、分量、価格は予告なく変更する場合があります。

お好きなお茶をお選びいただけます(7袋入はすべて同じお茶になります)

お茶を味わう茶粥お試しセット

お試しセットラベル

お茶を味わう茶粥のお試しセットです。
まずはちょっと食べてみたいという方に。
オーソドックスなベースから、3種類のお茶が楽しめる、ほうじ茶、三年番茶、浅炒りほうじ茶のセットになります。

クコの実とハトムギのトッピング素材入り。

原材料・・・ベースのお茶、ハトムギ、クコの実、ナツメ
内容量・・・3袋入

3袋入 600円
※素材、分量、価格は予告なく変更する場合があります。

茶粥用トッピング

茶粥用トッピング

トッピング黒豆ラベル画像

すべての茶粥にクコの実とハトムギのトッピングが付いておりますが、さらに足したい方に。
すべてそのまま召し上がれます。

クコの実 20g 600円
ハトムギ 20g 300円
黒豆 30g 450円
クコの実・ハトムギ・黒豆セット 1,200円

※素材、分量、価格は予告なく変更する場合があります。

お茶が選べる「烏兎さんの茶粥のもと」お求めは

お茶が選べる「烏兎さんの茶粥のもと」、お求めはこちらの申込みページ、またはオンラインショップからどうぞ。
BASE
minne

当店のオリジナルラインナップ「烏兎さんの茶粥のもと」
よろしければぜひお試しください。

ありがとうございました。

暦のお茶 烏兎

  1. 茶粥の発祥についてはそれ以外の候補地域もあり、諸説あります
  2. 参考 伊藤園 お茶の成分と健康性
  3. 緑茶、玄米茶、ほうじ茶、浅炒りほうじ茶、三年番茶、麦茶、和紅茶、黒豆茶(刻み)、黒豆茶(丸)、ウーロン茶、黒烏龍茶、プーアル茶、ジャスミン茶、ルイボス茶、ハニーブッシュティー
  4. 緑茶、玄米茶、ほうじ茶、浅炒りほうじ茶、三年番茶、麦茶、和紅茶、黒豆茶(刻み)、黒豆茶(丸)、ウーロン茶、黒烏龍茶、プーアル茶、ジャスミン茶、ルイボス茶、ハニーブッシュティー